不育症 ~さいしょの一歩を少しでも早く!~

914921ba2c887f3684466eddea6834f3_m

待望のベビーを妊娠したけれど、会うことが叶わなかったママは、全体の妊婦さんの1~2割だと言われています。また、妊娠はするけれど、流産や死産、生まれたベビーが新生児のうちに亡くなってしまうようなことを何度か繰り返してしまう方もいらっしゃいます。

このような流産や死産を繰り返す状態を、不育症といいます。厳密に何度繰り返すと不育症とするかという定義はまだ決まっていませんが、連続して続くようであれば診断が下り、治療のために原因を追究していくことになります。

 

不育症の原因

そうは言っても、不育症の疑いがある場合のほとんどが、実は偶発的な流産がたまたま続いてしまったことなので、次回以降に問題なく妊娠し、無事に出産するママもたくさんいます。一般に、妊娠初期の流産の原因の8割以上はママには責任はありません。そういう残念なことが続いてしまうのはたまらないですけどね。

実際に不育症とされ原因を追究していっても、原因がはっきりしない場合が全体の6割以上を占めるのだそうです。本当に、偶発的な流産が3度続いてしまって不育症を疑うけれど、4度目の妊娠で無事に問題なく出産したケースもあるようです。

もちろん原因がはっきりする場合もあります。例えば、お腹の中でのベビーの居場所となるママの子宮の形がベビーが育つには適していなかったり、ママの甲状腺に異常が見られたり。また、両親の染色体異常が疑われる場合は、パパにも検査してもらわなくては原因ははっきりしません。検査は血液検査から始めることができるようです。流産が続くようであれば、産院や婦人科へ相談しましょう。また、妊娠してからでも受けられる不育症の検査もあります。不安なママは、産院へ相談してみましょう。

 

単純に不育症と関連付けられるわけではありませんが、出産年齢が上がると流産の確率がぐっと上がるという現実もあります。40代以上になると、数字だけで見れば約半数の方が流産されているというデータもあります。何としてもパートナーとの間に子どもを授かりたいと前向きに気持ちが揃った時、少しでも不安があるようなら、迷わず病院へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柴子育児中の専業主婦

投稿者プロフィール

現在31歳、育児中の専業主婦です。2014年12月に第一子・女児を出産いたしました。記憶が新しいうちに、妊娠・出産についてなど、現在妊娠中の方 への情報発信で役に立てることができればと思い、執筆活動をしております。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. EDUAS育児アイキャッチ1修正1127

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介 不妊治療の基礎知識や診断・検査・治療の流れ、不妊症の…
  2. EDUAS育児アイキャッチ4手描き_1126

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介 ベビー・赤ちゃん・乳幼児・子どもの歯磨き、幼稚園・保育園、育…
  3. EDUAS育児アイキャッチ3_1126

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A 「育児・子育てQ&A」。おっぱい、ミルクに関すること…

話題をチェック

  1. EDUAS育児アイキャッチ1修正1127

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介 不妊治療の基礎知識や診断・検査・治療の流れ、不妊症の…
  2. EDUAS育児アイキャッチ4手描き_1126

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介 ベビー・赤ちゃん・乳幼児・子どもの歯磨き、幼稚園・保育園、育…
  3. EDUAS育児アイキャッチ3_1126

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A 「育児・子育てQ&A」。おっぱい、ミルクに関すること…
ページ上部へ戻る