つわり ~原因はさまざま?無理せずやり過ごそう~

ed7b928de7189862cd8e683208712f92_m

妊娠の代名詞とも言えるつわり。個人差はあれど、多くのママたちが何らかの体の変調をつわりとして感じることが多いようです。

つわりを最も自覚しやすいのは、妊娠3ヶ月~4ヶ月頃だと言われています。早ければ2ヶ月頃、妊娠に気づく前からつわりの症状が出るママいますし、妊娠後期になっても治まらないママもいます。

つわりの原因には、さまざまあると考えられています。よく聞くところで言えば、ホルモンバランスの著しい変化。生理のときと同様、妊娠すると、子宮内膜を柔らかくしたり体温を上げたりする作用のあるプロゲステロンというホルモンが増えます。このホルモンの増え方による体調の変化が、人によってはつわりという形で現れることが考えられます。他にも、例えばママの体がまだベビーのことを異物であると認識することによるアレルギー反応。確かに、ママの体の細胞を使って誕生するベビーですが、ママとは別のいのちですものね。母体をあまり動かさないための体からの信号、ベビーにとって毒素となり得る食べ物を輩出するための反応など、考えられることはありますが、はっきりしていないというのが現状です。同じ反応が起こっているはずなのに、つわりが重いママもまったく感じないママも居ますからね。一人目のときはまったくつわりがなかったのに、二人目のときはとても重かった、というママの話も耳にします。本当に不思議。

では、つわりにはどのようなものがあるでしょう。代表的な、食べ物をもどす吐きづわり、空腹が辛くなる食べづわり、ご飯の仕度が辛くなるにおいづわり、よだれの分泌が異様に増えるよだれづわり。つわりと名のつかなくとも、肩こりや頭痛、腰痛が酷くなる場合や、異様に眠気を覚えるようになることもつわりの一種と考えられます。

多少のつわりなら自分なりのやり過ごし方で付き合っていけるかもしれませんが、あまりに酷いには産院に相談しましょう。急激に体重が減ったり、水も飲めないほど重かったり、起き上がれないような日が続くときは、入院が必要なことも考えられます。お勤めをされているママにとってはなかなか思うように体を休めることができないかもしれませんが、無理はしないでください。つわりがベビーの発育にすぐさま直結することはあまりないようですが、特に妊娠初期は念には念を入れて自分とベビーのケアにあたりたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柴子育児中の専業主婦

投稿者プロフィール

現在31歳、育児中の専業主婦です。2014年12月に第一子・女児を出産いたしました。記憶が新しいうちに、妊娠・出産についてなど、現在妊娠中の方 への情報発信で役に立てることができればと思い、執筆活動をしております。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. EDUAS育児アイキャッチ1修正1127

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介 不妊治療の基礎知識や診断・検査・治療の流れ、不妊症の…
  2. EDUAS育児アイキャッチ4手描き_1126

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介 ベビー・赤ちゃん・乳幼児・子どもの歯磨き、幼稚園・保育園、育…
  3. EDUAS育児アイキャッチ3_1126

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A 「育児・子育てQ&A」。おっぱい、ミルクに関すること…

話題をチェック

  1. EDUAS育児アイキャッチ1修正1127

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介 不妊治療の基礎知識や診断・検査・治療の流れ、不妊症の…
  2. EDUAS育児アイキャッチ4手描き_1126

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介 ベビー・赤ちゃん・乳幼児・子どもの歯磨き、幼稚園・保育園、育…
  3. EDUAS育児アイキャッチ3_1126

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A 「育児・子育てQ&A」。おっぱい、ミルクに関すること…
ページ上部へ戻る