高度不妊治療 ~時間・お金・強い気持ち~

744673f78fd7fa858750ece9204a2956_m

昨今耳する機会の多い“不妊治療”。一般に、健康なカップルが避妊せずにセックスをしていて2年経っても子どもを授からない状態を、不妊症と言います。状態です、病気ではありません。

一般に不妊治療には保険適用となる薬物治療や異常のある卵管・精管などを形成する治療法と、保険適用外となる人工授精・体外受精があります。高度不妊治療とは、このうちの体外受精を指します。

 

高度不妊治療は、日本では配偶者間にのみ認められている治療法です。具体的に、培養器の中で受精卵を培養して子宮に戻す体外受精、培養器で精子と卵子を混ぜ合わせて子宮内に戻し受精することを期待する配偶子卵管内移植、顕微鏡下で精子を直接卵子に注入して受精卵をつくり子宮にもどす顕微授精などがあります。体外受精、顕微授精、などはニュースで取り上げられることもありますし、もはや珍しい言葉ではありませんよね。治療法は多岐にわたりますし、各カップルに合ったもの、各病院によって得意とする分野があるので、ここで紹介したものがすべてではありません。

 

高度不妊治療にはまだ保険が適用されていませんが、助成金制度はあります。といっても経済的な負担は決して軽くはありません。お仕事をされている場合なら、通院のたびに欠勤したり、職場によってはその報告をするのもストレスですよね。検査に始まって実際の治療に入って、と時間もかかります。月イチの生理がわずらわしいと思っていた時期もあったはずなのにね。

また、体力的にも辛いことももちろんあります。例えば、不妊治療にはどうしても卵子が、それもできるだけ状態の良いものが数多くあればあるほど、治療が進みやすくなります。ですので、女性には排卵を誘発する薬の投与、いわゆるホルモン注射をしなければなりません。この副作用が辛いと言われていますね。副作用は、めまい、吐き気、太ったりニキビができたりと、薬の種類や治療の段階によって人それぞれです。

現在日本では約50万人の方々が何らかの不妊治療を行っていると言われています。2012年ではその年に生まれたベビーのうち27人に1人が高度不妊治療によって誕生したとも言われています。そのくらい浸透しているし普及もしている。けれどその負担は大きいですね。

これらのことと、未来のママ、パパたちは向き合い、支え合いながら戦っているんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柴子育児中の専業主婦

投稿者プロフィール

現在31歳、育児中の専業主婦です。2014年12月に第一子・女児を出産いたしました。記憶が新しいうちに、妊娠・出産についてなど、現在妊娠中の方 への情報発信で役に立てることができればと思い、執筆活動をしております。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. EDUAS育児アイキャッチ1修正1127

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介 不妊治療の基礎知識や診断・検査・治療の流れ、不妊症の…
  2. EDUAS育児アイキャッチ4手描き_1126

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介 ベビー・赤ちゃん・乳幼児・子どもの歯磨き、幼稚園・保育園、育…
  3. EDUAS育児アイキャッチ3_1126

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A 「育児・子育てQ&A」。おっぱい、ミルクに関すること…

話題をチェック

  1. EDUAS育児アイキャッチ1修正1127

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介 不妊治療の基礎知識や診断・検査・治療の流れ、不妊症の…
  2. EDUAS育児アイキャッチ4手描き_1126

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介 ベビー・赤ちゃん・乳幼児・子どもの歯磨き、幼稚園・保育園、育…
  3. EDUAS育児アイキャッチ3_1126

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A 「育児・子育てQ&A」。おっぱい、ミルクに関すること…
ページ上部へ戻る