肌だけじゃない? ベビーに必要な紫外線対策

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

月齢もある程度大きくなり、気候がよくなってくると、お散歩に出かける機会も多くなりますね。そこで気になるのが紫外線。シミ・そばかすに敏感なママなら、紫外線がお肌にとって良くないものだという認識はあるものの、でも、大人用の日焼け止めをベビーに塗るのはどうかなのか…。ベビーにもできる紫外線対策にはどのようなものがあるのでしょう。

紫外線を浴びすぎると…

ベビーの皮膚は大人の皮膚よりもずっと敏感です。大人にとってはちょっとの時間でも、いわゆる火傷状態になることもあり得ますし、皮膚への負担も大きいようです。とはいっても、では1秒たりとも浴びてはいけないかというとそうではなく、紫外線を浴びることで体でつくられるビタミンDは免疫力を高める働きを助けることもあります。過敏なる必要はないですが、かんかん照りの中、どう考えても15分以上は日なたを歩く、などの状況では対策を講じたいですね。

紫外線対策のコツ

例えばお出かけの時間帯。一般に、日差しが強い時期であれば10時~14時の間が紫外線が強く差すピークだと言われていますね。お出かけをする、乗り物・建物の外に出るときは、できるだけこの時間帯を避けましょう。夏場になると紫外線予報なども調べられますので、情報は上手に使いましょう。また、やむを得ず日差しのきつい時間帯にお出かけするときは、UV加工のお洋服を着たり、帽子や傘、ベビーカーのホロなどを活用したりして工夫しましょう。

帽子やホロでおいつかないときは、日焼け止めを。低刺激のベビー用の日焼け止めもいろいろな種類のものが売られています。低刺激な分、適切な塗り直しが必要になることもあるので、使用上の注意はきちんと読んでくださいね。また、おうちにもどってきたらきちんと流しましょう。

余談。お肌の紫外線対策はしっかりできていても、意外と忘れがちなのが、紫外線の目への影響です。紫外線を目で直接浴びると、白内障や翼状片の原因となり、手術に至ることもあります。子供は面白がって太陽を直接見ようとすることもあります。言葉での注意を聞いてくれる年齢ならまだしも、月齢の小さい子の場合は、帽子のツバの加減やベビーカーの向き・ホロの長さなど、大人が気を付けてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柴子育児中の専業主婦

投稿者プロフィール

現在31歳、育児中の専業主婦です。2014年12月に第一子・女児を出産いたしました。記憶が新しいうちに、妊娠・出産についてなど、現在妊娠中の方 への情報発信で役に立てることができればと思い、執筆活動をしております。よろしくお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. EDUAS育児アイキャッチ1修正1127

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介 不妊治療の基礎知識や診断・検査・治療の流れ、不妊症の…
  2. EDUAS育児アイキャッチ4手描き_1126

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介 ベビー・赤ちゃん・乳幼児・子どもの歯磨き、幼稚園・保育園、育…
  3. EDUAS育児アイキャッチ3_1126

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A 「育児・子育てQ&A」。おっぱい、ミルクに関すること…

話題をチェック

  1. EDUAS育児アイキャッチ1修正1127

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介

    不妊治療から妊娠までの解決に役立つ記事を紹介 不妊治療の基礎知識や診断・検査・治療の流れ、不妊症の…
  2. EDUAS育児アイキャッチ4手描き_1126

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介

    妊娠中・育児に役立つコラムを紹介 ベビー・赤ちゃん・乳幼児・子どもの歯磨き、幼稚園・保育園、育…
  3. EDUAS育児アイキャッチ3_1126

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A

    育児の悩みや子育ての不安を解消Q&A 「育児・子育てQ&A」。おっぱい、ミルクに関すること…
ページ上部へ戻る